逆流性食道炎で処方される薬は、以下のようなみたいですね。 ・ヒスタミンH2受容体拮抗薬 ・プロトンポンプ(容積ポンプ、非容積ポンプ、特殊ポンプなどがあります)阻害薬 ・粘膜保護薬 ・制酸薬 胃酸の分泌を抑制する作用を持つヒスタミンH2受容体拮抗薬は、薬局で販売されている場合もあります。 ただし、病院で処方されるものの方が効果が大きいです。 副作用として、発疹や便秘(長く続くと免疫力が落ちてしまうでしょう)、下痢、口の渇き、食欲不振といった症状が現われることもあるでしょう。 また、プロトンポンプ(液体や気体を吸い上げたり、送ったりする機械のことです)阻害薬にも、胃酸の分泌を抑制する効果があります。 再発防止のために用いられることもありますが、発疹や肝障害といった副作用が起こり得ます。 粘膜保護薬には、食道の炎症を抑える作用があり、他の治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)薬と併用することが多いです。 便秘や下痢(急性のものと慢性のものがありますが、慢性の場合には何らかの疾患が原因となっていることが多いものです)と言った副作用が現われることもあります。 制酸薬は、逆流してきた胃酸を中和する作用があるので、症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を軽減させることができるでしょう。 粘膜保護薬と同様に、他の治療薬と一緒に使われる事が多い薬です。 どの治療薬にも副作用があるので、必ず用法や用量を守るようにしましょうー